Apple スティーブ・ジョブズの教え

f:id:imasenze:20180122121149j:plain

今やっていることが、どこかに繋がると信じてください。他の人と違う道を歩いていても自信をもって歩き通せるからです。愛せるものを見つけましょう。私は自分の行いを愛していたからこそ止まることなく続けられました。あなたの時間は限られています。自分の直感に従う勇気を持つことです。

Apple社の創業者でありCEOのスティーブ・ジョブス氏が2005年のスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチです。Steve JobsStanford University 2005/翻訳 Tosche

Stay hungry, Stay foolish.(ハングリーであれ。愚か者であれ。)

この世界最高峰の大学の卒業式にお招きいただき、たいへん光栄です。実を言うと、私は大学を中退したので、大学の卒業式に出席するのはこれが初めてです。今日、私は3つの話を皆さんに紹介します。それだけです。大したことはない、ただ3つの話だけです。

点を繋げること

最初の話は、『点を繋げること』です。私はリード大学を6ヶ月で中退し、そして正式に退学するまで18ヶ月ほど学校をうろついてました。中退した理由は?それは私が生まれる前にまでさ遡ります。

私の生みの親は未婚の大学院生だったので、私を養子に出すことにしました。母は、「大学を卒業した人」が親になるべきだと望んんでいたので、ある弁護士の夫婦に預けるという話になりました。しかし私が生まれる直前、弁護士夫婦が「女の子」を希望したので話しは無しになりました。

そこで養子縁組の順番待ちをしていた別の夫婦に電話がきました。「期待していなかった男の子がいます。引き受けてもらえますか?」と聞かれ、「もちろん」と夫婦は答えました。そののち生みの母親が知ったのですが、その夫婦の奥さんは大学中退で、夫の方は高校すら中退でした。それで母は養子の書類へのサインを拒否しました。最終的には息子を立派に大学生にしてもらうことを条件に、サインしました。

これが私の人生のスタートでした。

17年後、私は無事に大学生になりました。しかし、世間知らずな私は、とても学費の高い大学を選んだので、両親の給与がすべて私の授業料へと消えていきました。その半年後、私はそこに価値を感じなくなりました。私は人生の目標がありませんでしたが、大学が導いてくれるとも思えませんでした。

私は、親が必死で稼いだお金を垂れ流すだけだったのです。なので退学することにしました。それでも大丈夫だと信じて。その時はとても怖かったのですが、今考えれば最良の選択でした。その瞬間から、私は必修授業にでる必要はなくなったので、もっと私の興味をひく授業に潜り込むようになりました。

素敵な話ばかりではありません。私には寮が無かったので、友達の部屋の床で寝ていました。空のコーラ瓶をお店に返して5セントを稼ぎ、食費の足しにしたり、毎週日曜日の夜は、11キロ歩いて、ヒンズー教会でご馳走にありついたりしました。最高の食事でした。

 中退して私が興味を持ったものは、後に非常に価値のあるものとなりました。

ひとつ例をあげましょう。当時のリード大学には、国内最高のカリグラフィ(西洋書道)の授業がありました。学内のポスターやラベルはすべて美しい手書きの字でデザインされていました。私は、中退しており必修の授業に出る必要がなかったので、カリグラフィの授業を取って美しい字の書き方を学ぶことにしました。そこでセリフ体、サンセリフ体などの書体や様々な文字の隙間の調節など、偉大なタイポグラフィを偉大たらしめる要素を学びました。

それは美しく、歴史的で、科学では捉えられない繊細さがありました。それに魅力を感じたのです。そんなことも、私の人生の役に立つとは思っていませんでしたが、しかし10年後、最初のMacintoshを作る時になって、それが蘇ったのです。そのノウハウを活かしてMacは、世界で初めて、美しい活字を扱えるコンピューターになりました。

大学でカリグラフィの授業に巡り会っていなければ、Macはたくさんのフォントや美しい字間調節を搭載することはなかったでしょう。WindowsMacの単なるコピーだから、それらの機能を持つパソコンはなかったことになります。大学を辞めてなければ、その授業に出会わなかったでしょう。そして美しい活字を搭載したパソコンも現れなかったでしょう。

もちろん、その出来事の繋がりを予想はしていませんでした。しかし、10年後に振り返ると、とても明白に見えていました。点と点の繋がりは予想できません。あとで振り返って、点の繋がりに気付くのです。

今やっていることが、どこかに繋がると信じてください。

何かを信じてください。あなたの根性、運命、人生、なんでも構いません。その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いていても自信をもって歩き通せるからです。それが人生に違いをもたらします。

「愛と喪失」について

2つめの話は、「愛と喪失」です。若いうちに愛する仕事が見つかったのは幸運でした。20歳のとき、両親のガレージで友人とApple社を始めました。私たちは懸命に働き、たった2人だけだった会社が、4000人の従業員と20億ドルを誇る大企業に成長したのです。

我々は最初のMacintoshを創立の9年後に販売し、次の年に私は30歳になりました。そこで私はクビになりました。自分が始めた会社をクビになったんですよ!? 

私はAppleの成長にしたがって、有能だと思った人物を招き重役に置いたのです。はじめは上手くいきましたが、将来へのビジョンが食い違い、分裂するようになりました。そのときに取締役会が彼の味方をしたのです。

そして、30歳でクビです。とても有名な失業でした。人生の焦点だったものが消え、絶望しました。はじめの数ヶ月は、途方にくれました。この分野の先人たちの期待に添えず渡されたバトンを落としてしまったと感じました。

私は、デビット・パッカードヒューレット・パッカードの共同創業者)やボブ・ノイスインテルの共同創業者)に会い、台無しにしたことを詫びようとしました。私の失業は有名だったので、シリコンバレーから逃げようかとも思いました。

しかし、徐々にあることに気が付きました。自分の仕事をまだ好きだったのです。Appleを退職しても、その愛は少しも変わりませんでした。追い出されましたが、まだ愛していたのです。

だから、再出発することにしました。そのときは分かりませんでしたがAppleからの追放は人生で最良の出来事でした。成功者としての重圧が初心者の気軽さに変わりました。自信は失いましたが、そして最もクリエイティブな人生へ導かれました。5年間のうちにNext社とPixar社を立ち上げ、そして後に妻となる素晴らしい女性に出会いました。

Pixarは世界初のCGアニメである「Toy Story」で成功し、世界最高のアニメスタジオとなりました。そして意外なことに、AppleがNeXTを買収したんです!私はAppleに戻り、NeXTで培った技術はAppleの再建を支えることになりました。そしてロリーンと私は幸せな家庭を築いています。

ずっとAppleにいたのなら、絶対にどれも起こらなかったでしょう。とても苦い薬でしたが、私には必要だったんでしょうね。ときには、レンガで殴られたような苦しみに遭うことがありますが、自分を見失わないでください。私は自分の行いを愛していたからこそ止まることなく続けられました。

あなたも、愛せるものを見つけましょう。仕事にも恋愛にも、言えることです。仕事は人生の重要な位置を占めます。それに満足したければ自分の仕事が最高だと思うことです。そして最高の仕事をするためには、その仕事を愛しましょう。

まだ見つからないなら、捜し続けましょう。安易に落ち着かないでください。その時はピンと来るものです。あなたのハートは分かっています。そして良き人間関係のように、長く付き合うほど、心地よくなります。だから探し続けましょう、止まってはいけない。

「死」について

3つめの話は、「死」についてです。17歳の時に、こんな言葉に出会いました。「毎日を人生最後の日だと思って生きよう、いつか本当にそうなる日が来る」その言葉に感銘を受けて以来33年、私は毎朝、鏡の中の自分に問いかけています。

「今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?」その答えが何日も「No」のままなら何かを変える必要があると気付きます。

「すぐに死ぬ」という覚悟があれば人生で重要な決断をする時に大きな自信となります。なぜなら、ほぼ全てのものは、周囲からの期待、プライド、失敗や恥をかくことへの恐怖など、そういったものは、死に直面すると消え去るからです。そこに残るのは、本当に必要なものだけです。

死を覚悟して生きていれば、「何かを失う気がする」という心配をせずにすみます。あなたは初めから裸なんです、素直に自分の心に従えば良いんですよ。

私は1年前、癌を宣告されました。朝の7時半に受けたスキャンで膵臓にハッキリと腫瘍が写っていました。私は「膵臓」が何なのかも知りませんでした。医者からは治療不可能なタイプの腫瘍だと聞かされ、3〜6ヶ月の余命を宣告されました。

医者は「家に帰って、やり残したことを片付けろ」とアドバイスしました。つまり「死ぬ準備をせよ」という意味です。つまり「子どもたちに全てを伝えろ」ということです。今後10年で言うつもりだったことを数ヶ月のうちに伝えろということです。家族に負担が残らぬよう全てにケリを付けて、「さよならを言っておけ」ということです。

その宣告を抱えて一日を過ごしました。その日の夜、カメラを飲む検査を受けました。腸から膵臓へ針を通し、腫瘍細胞を採取する検査です。私は鎮静剤が効いていたのですが、側にいた妻の話によると、腫瘍を検査した医師たちが叫びだしたそうです。その腫瘍が手術で治せる非常に稀なケースだったからでした。私は手術を受け、おかげで今は元気です。

これが私の最も死に近づいた経験です。今後、数十年は勘弁ですね。

この経験から、私はより確信を持って、あなたたちに言えます。死を意識することは役に立ったが、単に頭のなかの概念でした。誰も死にたくはない。天国に行きたい、という人さえ、死を望まない。にも関わらず、死は、われわれが共有する終着点なんです。誰も逃れることはできないのです。そして、そうあるべきなのです。

死は古き者を消し去り新しき者への道をつくる。ここでの「新しき者」は君たちです。しかし、そう遠くないうちに君たちも「古き者」となり消えてゆきます。大袈裟ですみません。しかし、紛れもない事実です。

ハングリーであれ。愚か者であれ。

あなたの時間は限られています。無駄に他人の人生を生きないこと。ドグマ(宗教・宗派における教義)に囚われないでください。それは他人の考え方に付き合った結果にすぎません。他人の雑音で、心の声が掻き消されないようにしてください。そして最も大事なのは、自分の直感に従う勇気を持つことです。直感とは、あなたの本当に求めてることを分かっているものです。それ以外は二の次です。

私の若い頃「全地球カタログ」という素晴らしい本がありました。私の世代のバイブルです。スチュワート・ブランド(Stuart Brand)という人によって、この近くのメンロパークにて制作されました。彼の詩的なタッチが紙面に命を吹き込んでいました。1960年代後半のことで、パソコンもない時代です。全てタイプライターやハサミ、ポラロイドカメラなどで作られていました。Googleが生まれる35年も前の、文庫版 Googleといったものです。理想主義的で、素晴らしいツールや偉大な信念に溢れていました。

スチュワートのチームは「全地球カタログWhole Earth Catalog」を何度か出版し、ひと通りやり終えると、最終巻を出しました。1970年代中盤のことで、私は君たちの年齢でした。最終巻の裏表紙には早朝の田舎道の写真がありました。冒険好きならヒッチハイクなどで目にするような光景です。

写真の下には、こんな言葉がありました。

Stay hungry, Stay foolish. (ハングリーであれ。愚か者であれ。)

それが彼らの別れのメッセージでした。Stay hungry, Stay foolish. 私も常々そうありたいと思っています。そして今、新たな人生を踏み出す君たちに、そうあってほしいと願っています。「Stay hungry, Stay foolish.」

ご清聴ありがどうございました。

広告を非表示にする